永住と理由書~書き方のコツ~

永住申請の理由書は、なぜ日本に永住したいのかを具体的に説明するものです。審査において重要な書類の一つとなりますので、丁寧に作成することが大切です。この記事では、行政書士が永住申請に必要な理由書の書き方のコツと例文をご紹介していきます。

理由書の書き方

永住申請の理由書では、永住許可を必要とする理由を記載します。また、理由書に定められた書式はありません。自由な形式で書いて良いと出入国在留管理庁のHPに記載されています。そうは言っても永住許可申請の理由書を書くことは、人生でそう何度もありません。自由に書いても良いと言われても、逆に何を書けばいいか分からないと思います。

アンカー行政書士事務所では、永住許可申請に関する無料相談を行っております。無料相談をご希望の方は、公式ライン又はお問い合わせフォームからご相談のご予約をお願い致します。

宛名 ー「法務大臣殿」

宛名は「法務大臣殿」にしましょう。永住申請の提出先は各所轄の地方出入国在留管理局で、審査も地方出入国在留管理局が行いますが、永住許可申請は法務大臣が許可をする立付になっています。そのため、当事務所では宛名は法務大臣と記載しています。

タイトル ー 「永住許可申請理由書」

表題は「永住許可申請理由書」と弊所ではしております。「申請理由書」や「理由書」など表現の仕方は様々ですが、何の理由書か分かる表現が好ましいでしょう。

宛先とタイトルが間違っていたとしてもこれだけで不許可になりません。出入国在留管理庁が自由な形式で記載するように言っているため、宛名やタイトルに神経質になる必要はありません。むしろ、その後の経歴などをしっかりと記載しておく方が大切です。

書き出し - 自己紹介

まず、誰が申請者か分かるように自分の名前国籍を記載するのが良いでしょう。具体的には、「私は、~(国名)出身の~(名前)と申します。」と書き出すと自然でしょう。手紙やメールを初めての人に書くように丁寧な表現で書き出すと良い印象を与えます。

経歴 - これまでの学歴及び職歴

日本に来てから今までの経歴を記載していきます。日本語学校や大学に留学生として来日した人は、「どこの学校で学んでいたのか」、「いつ来日したのか」、「なぜ日本にきたのか」などを記載することになります。また、卒業後に勤めた会社について「いつ入社したか」、「どのような仕事をしているか」などを記載します。退職した場合は「なぜ退職したか」、「退職中の在留状況」についても記載しておいた方が望ましいです。

在留状況 ー 日本での生活

家族の状況やこれまでの年収及び預貯金、居住年数、出入国の状況など永住の審査項目となっている内容を説明しましょう。なお、永住で審査の対象となる項目は下記のとおりです。下記の項目の具体的な要件については、「永住ビザ」で解説しています。

  • 素行が善良であること
  • 独立の生計を営むに足りる資産又は技能を有すること
  • その者の永住が日本国の利益に合すると認められること
永住許可に関するガイドライン(令和6年6月10日改訂) https://www.moj.go.jp/isa/applications/resources/nyukan_nyukan50.html

ここで注意すべきは、これまでに交通違反がある人犯罪歴がある人です。永住許可申請には、「犯罪を理由とする処分を受けたことの有無」を記載しなければなりません。しかし、ご覧のとおり、この「犯罪を理由とする処分を受けたことの有無」の欄は小さく、処分を受けるまでの経緯やその後の反省について記載することができません。そのため、理由書で処分を受けるまでの経緯やその後の反省を出入国在留管理局に説明しておくことを強くお勧めします。また、会社の出張が多い人やこれまで不許可になった人なども理由書にてそれらの理由を記載しておくことが良いでしょう。

永住許可申請に不安要素がある場合は、出入国在留管理局に指摘される前にフォローアップできていると審査もスムーズに進みます。何かしらの不安要素がある人は丁寧に理由書を作成して、不安要素を事前にカバーできるように心がけましょう。

最後に ー 永住許可のお願い

最後に「永住許可の許可をいただけますように何卒よろしくお願い申し上げます。」と簡潔に締めくくりましょう。

永住許可申請の書き方のQ&A

理由書を英語で書いてもいいですか?

日本語以外の言語で理由書を書いても大丈夫です。ただ、日本語以外で理由書を記載する場合は、翻訳文(日本語)が必要になります。

理由書は何ページ書けばいいですか?

文字数に制限はありませんが、常識的な分量でなければ、意味がありません。弊所の場合はお客様の状況にも寄りますが、平均5ページ前後の理由書を作成しております。

理由書は手書きですか?

理由書は、印刷しても大丈夫です。Wordなどで作成して、印刷して提出しましょう。

理由書を作成するのは大変ですか?

審査の要点を押さえたものを作成する場合は、出入国在留管理庁の永住ガイドラインや審査要領などを確認した上で作成しなければならないので、時間がかかると思います。理由書の作成が大変なので、行政書士に依頼するという方も多いです。

永住申請はアンカー行政書士事務所にご依頼ください!

アンカー行政書士事務所は、入管業務を主要業務として注力しています。まずは、無料相談にてお気軽にお問い合わせください。無料相談は、LINE通話、電話、オンラインでも可能です。博多駅前に事務所があり、ご来所でもご相談できます。ご予約いただければ、土日でもご相談できます。まずは、公式ライン又はお問い合わせフォームからご連絡ください。