ご利用料金

費用についてのご説明
  • 掲載されている基本料金は全て消費税を含んだ「税込価格」となっています。
  • 手続きを進める上で必要となる実費は基本料金に含まれておりません。
  • 必ず生じる実費については、ご依頼時にお支払いをお願い致します。郵送代等の実費については、残金精算時にお支払いをお願いします。
    実費の具体例:会社設立時の登記委託料(司法書士への報酬)および登録免許税、一般建設業許可の申請手数料など
  • 料金のお支払いは、ご依頼時に基本料金の半額にあたる額を「着手金」としてお支払いいただき、業務に着手いたします。
  • 残金については申請完了後にお支払いいただきます。

ご相談料

項目料金(税込)
対面、オンラインでのご相談初回は無料
2回目以降は1時間10,000円(税込)になります。正式なご依頼・ご契約をいただいた場合は2回目以降も無料です。

ビザ申請に関する基本料金

アンカー行政書士事務所では、皆様の日本在留をスムーズにサポートするため、各種ビザ申請の代行サービスを提供しています。以下に、当事務所のビザ申請サービスに関する料金体系をご案内いたします。

項目料金
現在のビザを延長する場合(在留期間更新許可申請)3,3000円(税込)
ビザの種類を変更する場合(在留資格変更許可申請)88,000円(税込)
海外から外国人を呼び寄せる場合(在留資格認定証明書交付申請)99,000円(税込)
※実費および難易度加算を除く

サービス内容

  1. お客様の状況に合わせた必要書類リストの作成
  2. 申請書のプロである行政書士による申請書類および理由書の作成
  3. 課税納税証明書、住民票などの代行取得(オプションサービス)
  4. 出入国在留管理へ申請書の提出
  5. 追加書類が発生した場合の対応
  6. 在留資格認定証明書のお渡し又は在留カードの受け取り

建設業許可申請に関する料金

項目料金
県知事一般の許可をとる場合(新規で取得する場合)100,000円(税込)から
県知事一般の許可を更新する場合50,000円(税込)から
毎年の決算報告をする場合(決算変更届)45,000円(税込)から
※別途、印紙代が必要になります。

深夜酒類提供飲食店に関する料金

項目料金
新規で届出をする場合77,000円(税込)から

サービス内容

  1. 図面の作成(現地での測量も行います)
  2. 申請書の作成
  3. 警察署への提出

古物商許可申請に関する料金

項目料金
新規で申請をする場合(個人事業主または法人)22,000円(税込)から
新規で申請インターネット販売を行う場合33,000円(税込)から
※別途、印紙代が必要になります。